中央公論 昭和24年11月(64年11号)若きマルクシストの與う(向坂逸郎)、党内から社会党を批判す(足立梅市)、戦後派右翼論(岩淵辰雄)、共産党の戦術転換(鍋山貞親)、ポンド切下げに継起するもの、原子爆弾と世界政治(井口一郎)他

¥ 800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

通報する

A5版124頁 ヤケ大 87 88 篠原敏之編 中央公論社 昭24

ショップの評価